MEF2016 Countdown

News & Topics

MEF2016_Newsletter_Vol_2_Prof. Tanaka.pd
Adobe Acrobat Document 591.1 KB

2016 Vol.2 – Challenge

高性能MEMSジャイロへの解

MEF2016 実行委員会 プロジェクトリーダー/東北大学 大学院工学研究科 教授 田中 秀治

●自動運転・ロボット制御の鍵を握る高性能MEMSジャイロの第一人者、Andrei M. Shkel教授による基調講演

 

 自動運転やロボット制御のため,今後,重要になる高性能MEMSジャイロ。その第一人者であるUC IrvineのAndrei M. Shkel教授がMEMS Engineer Forum 2016で基調講演を行われます。Shkel教授は,米国DARPAのプログラム・マネージャをとして高性能MEMSジャイロの研究開発を率いてきました。この講演を聞けば,MEMSジャイロが現状から桁違いに高性能化しうること,そしてそのためにはどうすればよいかがわかるはずです。是非,MEF 2016にご参加下さい。

★MEF 2016のShkel教授の基調講演:2016年5月11日(水)10:25-10:50

Keynote Address: Toward Chip-Scale Precision Gyroscopes: Technological Challenges, Progress, and Opportunities

MEF 2016の講演概要Schkel教授のご略歴はここをクリックしてください。

 

 

MEFにリンクして、5月13日には東北大学でShkel教授によるMEMSジャイロ特別セミナー開催

  また,より詳しい技術的内容は,MEF 2016にリンクした特別セミナー(2016年5月13日,東北大学)で解説されます。 

Andrei M. Shkel教授によるMEMSジャイロ特別セミナー

2016年5月13日,東北大学

講演タイトル:MEMS are becoming 3D and atomically precise

Andrei M. Shkel, University of California, Irvine

詳細はこちらへ 

 

 

MEF 2016 Program schedule is available here.

MEF 2016プログラムはこちらで参照頂けます。

 

Info about ”MEF2016 Exhibition Features” is here.

MEF2016では、技術展示会を併設します。出展者情報こちら

MEF 2017 Partner

MEDIA PARTNER

MEF 2017 Sponsor

MEF 2017 Exhibitors

  東京大学 三宅研究室

 

  東北大学 桑野研究室

  

  4大学ナノ・マイクロ

   ファブリケーション

    コンソーシアム

MEF Partner News - MEMS and Sensors Industry Group(MSIG)